FC2ブログ

よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

WifiTraxの製品

サイトの文言を読んでいるだけですが、紹介します。

これが車両に載せるWifiボードで$69です。
私のボードだとこんなに安くはできません。
ESPの刻印が見えますが、ESP製のWIfiは安いです。

8ピンコネクタが付いていて、DCCレディの車両にはすぐに装着できるようです。
つまり電源は線路から取ります。
WMH-20-383x538.png
コンデンサが4本並んでいますが、これでざっくり5秒間は線路が無くても走ると書いてあります。
5秒は微妙な数字ですが、この大きさだと普通の電解コンデンサなのでしょうか。
私のWifiを見た何人かは、線路から充電できるようにして欲しいと言っていました。
用途によってはコンデンサもありかなと思います。
WMH-20-Side-570x585.png
制御ソフトはWindowsとアンドロイドが用意されていて、iPhoneは準備中のようです。
Wifi Direct(列車とスマートフォンが一対一)とWIfiルーターを使ったモードがあります。
コマンドプロトコルは独自でソケット通信をしていると思います。
だいたい想定通りですが、製品だけに画面はしっかりしてますね。
app-intro-1.png
タワーアプリというポイント操作の別アプリもあります。
1画面だけではなく、設定は大変に複雑ですが、システムとしてちゃんとここまで考えています。
mapsScreenRun1.png
サウンドシステムは開発中のようですが、モーター制御のボードとは別ボードになるように見えます。
スポンサーサイト

Wi-Fi制御の動向

一年くらいたってしまいましたが、世の中はどうなっているのでしょう。
何気に検索してみると
http://www.wifitrax.com/

おお、なんですかここは、
良いネーミングですね。やられました。
でもSoundTraxxのまねっこですか?
A new concept in Model Railroad Control.
新しいコンセプトの鉄道模型制御!
そのとおりですね。言ったもの勝ち。私も同じこと思っていたのだがなあ。

他は、と見ると
http://bluerailtrains.com/
こちらはBlueRailですと
かっこいいですね。

すると私が商標登録できるのは
WifiRail

BlueTrax
ですね。(ジョークです)

次回はこれらを少し細かく見てみるつもりです。
まだ斜め読みしかしていません。

新車の後ろ

リアが狭いのはわかっていたので、買う前にメジャーで開口部を測ったのですが900mmギリギリでした。
もしかしたら入らないかも、と思っていましたが、なんとか滑り込ませることができました。
両側のウレタン部分はすでに傷ついてしまいました。
IMG_4000.jpg

Apple Developer

更新は滞っていますが、工作するつもりのネタ(予定)ばかり溜まっていく管理人です。

さて引き続き模型の無線化を進めていて、久しぶりに実機(私の場合iPod)を取り出すとこれが動かないのでした。
これはいけないと、iPhone本を取り出して確認すると、Xcode開発環境のProvisioning ProfileというやつがExpiredになっている。
なんだかわかりませんが、開発資格がなくなってiPodの認証ができないようです。
いやいや実機テストまでは無料のライセンスで出来るはず、と2日間調べに調べたが、どうしても認証画面にたどり着きません。
どうも、方針が変わったのかなあと思いましたが考えるのは無駄かと、仕方なく有料の開発登録を行いました。
この時、登録名が日本語だと画面で弾かれ、ローマ字のタイプミスでメール連絡が来ました。ご丁寧ですね。
1日後に登録完了し、認証画面が見れるようです。
せっかく有休を取ったのに、いやー疲れました。
これで進むのかやってみましょう。

カ2000(その4)

連休中にこれだけは、という免許更新や墓参りやもろもろは終わりましたが趣味はあまり進みませんでした。

床下のフレームを床上に付けていたという情けない間違いを直します。
無理やり気味に剥がして
IMG_3895-2.jpg
修正しました。
続いてよくわからない支えがいくつかあるので、合いそうなところに
IMG_3897-2.jpg
これでよいようです。
連休中にもう少し進んでます。
IMG_3899-2.jpg
次のページ

FC2Ad

まとめ