よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

マニ60(その16)

塗装は缶スプレーなのであっというまでした。
スニ73と共に3両がレンタルレイアウトで試走しました。
ほかのブラス製とつなげると見劣りしますね。
天井がちょっと高いです。
床板はブラス板に変更しようと思います。
120225_155421-2.jpg
牽いたのはヤマさんのC56です。
8両も牽いてます。
120225_155437-2.jpg
スポンサーサイト

マニ60(その15)

車体ほぼ完成です。
マスキングで剥げたところがあるので色さしをしないといけません。

DSCN3278.jpg

マニ60(その14)

ペーパー製客車なので台車のバネを弱くします。
そのような短いバネが別途売られているので取り替えるだけです。
DSCN3265.jpg
保護棒付き窓セルが足りなくなったので、模型屋に行ったらそれはもうディスコンなのだそうです。
替わりにあるのは金属製の保護棒枠(上)で、アクリル板を貼った裏にもう一度貼らなければなりません。
私のような凝らない人には悲しいばかりです。
それなのに見栄えは大して変わりません。
DSCN3271.jpg

マニ60(その13)

雨樋、シル、ヘッダーを付けました。
プラの帯板が便利ですが、よく使う欲しいものは店に行っても品切れが多いです。
DSCN3236.jpg
手すりをつけました。ノブの長さなどいつも適当です。
DSCN3243.jpg
床板を作っています。
これもプラ板です。
DSCN3244.jpg
オハユニ改造のほうは、床板をあわせると傾いてしまいました。
床板アングル(角材ですが)が傾いていました。
ベリベリと棒と妻板も剥がして無理やり補修しました。
他にも1mm近くずれているところもあります。
ペーパールーフ一体型で無理がでましたね。
次からは工法を工夫しましょう。
二両一度に塗装開始です。
DSCN3247.jpg

マニ60(その12)

妻板にはステップがたくさんあるようです。
他の手すりは付いているのにここは残っていました。
DSCN3221.jpg
アルコールを嘗めながら真鍮線を曲げます。
DSCN3219.jpg
テレビとパソコンを眺めながら付けました。
作業台はパソコンデスクです。
DSCN3224.jpg

次のページ

FC2Ad

まとめ