よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

コニシSU

家人のメガネが壊れたというので修復を試みました。
スーパーXがチューブの中で固まってきたので、コニシのSUという多用途ボンドを買ってきました。
DSCN2756.jpg
そのままでは、さすがに付かないと思うので、ドリルで穴を開けてピアノ線を埋めました。
DSCN2755.jpg
SUの感触はスーパーXと似ていますが、この限りでは違いはよくわかりません。
100円メガネなのでまたすぐに壊れるでしょう、と思いつつ。
DSCN2757.jpg
スポンサーサイト

スーパーX

使いかけのスーパーXを開けたら、フタの棒が千切れてしまいました。
接着力が強すぎます。
写真は千枚通しでこじ開けて取ろうとしているところです。
中に1.5cmくらい嵌っています。

ナベ蓋の取っ手が取れたのをを楽々直しました。
スリッパの底が剥がれたのも直しました。
実に具合がいいです。

今や東急ストアにもコンビニにも売っています。
DSCN2747.jpg

樹木材料

吉祥寺に行く用がありまして、用の合間にユザワヤに寄りました。
今、閉店セール中です。
蒸気パーツとかはまだ残ってますね。
準備をしていなかったので、そのまま帰りました。
使えそうなものを書き出して、また来ましょうか。

一階の花屋です。
今の季節だけでしょうか、ヒムロ杉。
ちょっと昔、RMMで使用例が掲載されて興奮しました。
ゴールドクレストはOスケールならそのまま使えそうな大きさですね。
IMG_2013.jpg
IMG_2012.jpg

銀ロウ付け練習(その2)

線材の結合に挑戦しました。
Φ0.5の端にロウをからめてみました。
IMG_1739.jpg
線材同士のほうが熱が一瞬で周るようで、思ったより簡単にできました。
ただロウの量が多すぎてぼてっとしてしまいました。
IMG_1740.jpg
次は更に細かく切ったロウを台に置いて熱し、予め線材一本で吸い上げておくようにしました。
IMG_1744.jpg
こちらのほうがまあまあの仕上がりですね。
IMG_1745.jpg
調子に乗ってΦ0.3の真鍮線を試しました。
線が焼ききれたり、結合部が膨れたり、もうひとつ思ったようにはいきません。
しかし前回の最初の出来から比べるとだいぶ違うでしょう。
修行の成果です。
TMSの記事のように、焼き鈍ったところを磨き棒(ドリル刃の柄)でぎゅうぎゅうこすると、固まってしゃきっとします。
IMG_1747.jpg

銀ロウ付け練習

早ロウをテストピースで練習してみました。
帯板が歪んでしまいます。
最後はガスバーナーの炎を絞ってΦ0.7の線材を付ける程度はできました。
IMG_1732.jpg
IMG_1733.jpg
IMG_1735.jpg
次のページ

FC2Ad

まとめ