よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

紙製キハ42000(その9)

歪んだ雨樋はアートナイフでさくっと切って貼り直して、もちろん少し浮きますがサーフェーサーで埋めて削って多少ましになりました。
表面処理は終わりにして、手すりを付け始めました。
φ0.4線材もピンセットも接着剤もなかなか出てきません。
鉄道模型工作って広い工作台が必要ですよね。
IMG_3794-2.jpg
スポンサーサイト

紙製キハ42000(その8)

屋根はかなりツルツルになりましたが、雨樋が歪んでます。
もうどうにもなりません。
真鍮のほうがいいですね。
IMG_3785-2.jpg
IMG_3786-2.jpg

紙製キハ42000(その7)

最近は朝5時半起きで15時間ほど外出しています。
なかなか捗りません。
LEDをはめ込む溝をかなり大胆に掘りました。
IMG_3780-2.jpg
本格的にオデコを接着し、研磨開始です。
IMG_3783-2.jpg
大きめのオデコなので、一番上の層はほとんど無くなってしまいます。
ああやっぱり接合面が少し歪んでしまいました。
IMG_3784-2.jpg

紙製キハ42000(その6)

あまり進捗せず、妻面のヘッダとシルを貼り、
IMG_3779-2.jpg
ドアを少し切り出しました。
IMG_3778-2.jpg

紙製キハ42000(その5)

リベットは千枚通しで一個ずつ開けますが、リベットマシンだって板を送りながらだから手間は一緒ですね。
IMG_3748-2.jpg
側板はなんと5枚重ねの設計ですが一枚端折りました。
窓の切り出しとリベットでだいぶ消耗します。
ウインドヘッダ(リベットあり)を間違って裏側から貼り付けてしまい、がっくりしてやり直しました。
IMG_3749-2.jpg
接着剤はタミヤセメントとタイトボンドと瞬間接着剤を適当に使い分けてます。
IMG_3752-2.jpg
妻をくっつけてカタチになりました。
オデコは嵌めてあるだけ。ヘッドライトを決めかねていて、孔を開ける可能性もありあります。
IMG_3755-2.jpg
照明で飛んでますが、屋根裏はタイトボンドをべたべた流してます。
IMG_3756-2.jpg
小型スイッチを床下に埋め、モータードライバ基板はWi-Fiと亀の子重ねにしました。
スイッチングノイズが影響あるのかちょっと懸念です。
IMG_3750-2.jpg
次のページ

FC2Ad

まとめ