FC2ブログ

よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple Developer

更新は滞っていますが、工作するつもりのネタ(予定)ばかり溜まっていく管理人です。

さて引き続き模型の無線化を進めていて、久しぶりに実機(私の場合iPod)を取り出すとこれが動かないのでした。
これはいけないと、iPhone本を取り出して確認すると、Xcode開発環境のProvisioning ProfileというやつがExpiredになっている。
なんだかわかりませんが、開発資格がなくなってiPodの認証ができないようです。
いやいや実機テストまでは無料のライセンスで出来るはず、と2日間調べに調べたが、どうしても認証画面にたどり着きません。
どうも、方針が変わったのかなあと思いましたが考えるのは無駄かと、仕方なく有料の開発登録を行いました。
この時、登録名が日本語だと画面で弾かれ、ローマ字のタイプミスでメール連絡が来ました。ご丁寧ですね。
1日後に登録完了し、認証画面が見れるようです。
せっかく有休を取ったのに、いやー疲れました。
これで進むのかやってみましょう。
スポンサーサイト

BlueTooth制御のテスト(その5)

昨日は回路をキハ07に移すべくハンダ付けをして、通電したところ、ポンと音がして電源ICから一筋の煙が立ちました。
寝ぼけてVccとGNDを間違えていました。
その後の夜は飲み会でしたので、今朝にやり直しです。
スマホの動作だけを確認して今日の小さい運転会に望みました。

配線はレギュレータICを追加しただけ
IMG_3835-2.jpg
インストールはいつものように適当です。
IMG_3836-2.jpg
一応成功です。
クラブの新人さんに操作してもらって、評価してもらいました。
インターフェースは改良の余地を感じました。

カーブで音がうるさいのは、私のジョイントの問題です。
レンタルレイアウトを2時間の間、ずっと走り回っていました。
帰宅してからも試験を続けましたけれども、電圧が4vを切っても動作します。
bCoreボードのモータードライバICの性能がすばらしいですね。

BlueTooth制御のテスト(その4)

GUIパーツの動作イベントにBlueToothの制御を組み合わせました。
PWMの関数を見ると引数はIndexとMAX255の幅の値だけで、逆転はどうしているのでしょう。
こういうのはたぶん中央値がスピードゼロなのだろう、とか味見しながら作るわけです。

一応スライダーを動かすとモーターが回り、緊急Stopのボタンも機能します。(動画無し)
iPhone4の大きさで作っていたのですが、iPodのほうが縦長のようです。
スライダーはもっと長いほうが良く、細かいところは後で修正です。

スマートフォンは嫌いなので、コントローラーも作って欲しいという意見がありました。
わからないではないですが、このソフト以上に機械の箱を作るのはもっと大変です。
IMG_0071.png

BlueTooth制御のテスト(その3)

Appleのxcode/swiftは旧NEXTSTEPのインターフェースビルダーを引き継いでいます。
マウスでGUIパーツをテキストエディタに引っ張ると、コードが生成される仕組みで、これを初めて見たときは興奮したものでした。
いまやってみると、それほどでもありません。
Constraintやらはパーツがたくさんあると何がなんだかやっかいなものになり、内部のコードは見えません。
そんなわけで、これはパーツ類もコードの中でクリエイトしています。
iPhone4の画面で作っているので、他の製品だとパーツ位置がずれると思います。
シミュレータではBlueToothは動かないのですが、GUIの体裁は確認できます。
それでも予約語'let'を外すと実行時エラーがなくなったとか、納得いかない動きを乗り越えながらやっています。
決定的にswiftの経験が足りないのですが、とりあえず動くものを目指しています。
Simulator Screen Shot 20171029

BlueTooth制御のテスト(その2)

長らく苦闘(放置)していましたが、少し進捗しました。
旧バージョンxcode7.3をインストールすること。
公開されているサンプルコードを自分の環境に合わせてビルドし、実機で動作させることができました。

MACAirでビルドしたアプリを、USBコードでiPodに移すことができます。(プライベートライセンス?とかに登録)
アプリの名前がbt2ですが、アイコンの絵を作っていません。
IMG_0070.png
bCoreボードのBlueToothを認識してすぐにモーターの回転が始まりました。
ここまでくればGUI変更とコード変更で、自分用の操作画面を適当にでっちあげることができます。
画像の電圧は計算式を変えていないので、適当ではありません。
IMG_0069.png
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。