よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

カ2000(その4)

連休中にこれだけは、という免許更新や墓参りやもろもろは終わりましたが趣味はあまり進みませんでした。

床下のフレームを床上に付けていたという情けない間違いを直します。
無理やり気味に剥がして
IMG_3895-2.jpg
修正しました。
続いてよくわからない支えがいくつかあるので、合いそうなところに
IMG_3897-2.jpg
これでよいようです。
連休中にもう少し進んでます。
IMG_3899-2.jpg
スポンサーサイト

カ2000(その3)

床板です。
図面が無いので若干不安です。
IMG_3888-2.jpg
室内側に糞尿避けがあるようです。
IMG_3889-2.jpg
床板を留めるパーツですが、先につけると手すり工作に困ると判断しました。
IMG_3887-2.jpg

足掛けが無いので適当な端切れを使って作ります。
IMG_3886-2.jpg
久しぶりのルーペを使う工作です。
側板のエッチング孔に合わせて整形しました。
IMG_3892-2.jpg
かなり太いです。
曲げも甘いです。
後で調整しましょう。
IMG_3893-2.jpg
【“カ2000(その3)”の続きを読む】

カ2000(その2)

4月から横浜市内の新しい職場に移動しました。
以前よりは余裕ができたので、また少し始められると思います。

田園都市線があまりにも混雑するようになったので、二年前に逃げ出しました。
まったく乗らなくなったのですが、そうしたら、こんな電車が走るようです。
ぴったりの2020なので、数年ぶりに雑誌も購入してしまいました。
図面も載っているのですが、顔は微妙な曲線でこれはスクラッチするには難物です。
他にも春の新車がいくつかありましたが、最近の顔は難しいですね。
IMG_3884-2.jpg
さて、小物の貨車にもてこずっています。
それは、組み図が無いのと、リン青銅の部品が欠けているからです。
扉を付けてみたのですが、その左下の内側にステップを挿すようでして、部品がありません。
IMG_3885-2.jpg

カ2000(その1)

ワールド工芸製貨車キットのジャンクです。
ジャンクな部分は、リン青銅無しと書いてあるので手すりその他のパーツが無いようです。
あと取り説がありません。

袋から引っ張り出したら、外側の斜め梁パーツが取れてしまったので、あわてて作業に取り掛かりました。
ベテランのU太さんによると、ワールドの車体は全体が銀色になるくらいハンダを流せとのことです。
エッチングが薄いので、ハンダの周っていないところからめくれてくるんですね。
側板をぐるりとハンダを流したところです。
板金は数ヶ月ぶりです。
IMG_3849-2.jpg
IMG_3852-2.jpg

FC2Ad

まとめ