FC2ブログ

よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

ツム1(その6)

インレタを適当に切り貼りして体裁作りです。
thumb_IMG_0039_1024.jpg
うっかり光沢のビンを選んだりしてもう目と頭がよろしくない。
thumb_IMG_0040_1024.jpg
慎重につや消しフラットベース混ぜて汚した風にしてみました。
今年は若干時間に余裕があります。
thumb_IMG_0042_1024.jpg
スポンサーサイト



ツム1(その5)

ベンチレータをつけて未塗装完。
thumb_IMG_0022_1024.jpg
一応ブレーキ周りを外せるようにしてあって塗装準備。
thumb_IMG_0023_1024.jpg
さて、ニッペのメタル用下塗りをスプレーしてからグンゼの黒を吹いたところまでは色が乗りました。
その上からグンゼのツヤ消しクリア(缶スプレー)を吹いたところ、溶けて地肌が見えてきてしまいました。
thumb_IMG_0024_1024.jpg
せっかく貼ったインレタが面白いように歪んで流れてきました。
ちょっと生渇きでスプレーをかけすぎたようです。
thumb_IMG_0025_1024.jpg

ツム1(その4)

外へ飲みに行くのを控えて久しぶりに糸鋸を握りました。
床下だし細かいし甘いが整形もそこそこにします。
thumb_IMG_0005_1024.jpg
ステップも適当な余りパーツの先のライナーを整形します。
つまり元のエッチング部分はカーブした脚のところですね。
これは細くて切り出せないから。
thumb_IMG_0006_1024.jpg
ブレーキテコやステップくらい、キットに入っていないのか?と思いますよね。
実はこれらは去年のカ2000がジャンク品だったのですでに使ってしまったのです。(笑
thumb_IMG_0007_1024.jpg

ツム1(その3)

ベンチレーターを除いて上回り完。
キットなんて楽勝だ。
カ2000のようなジャンクでなければ・・
IMG_4019.jpg

ツム1(その2)

工作室も工作台も埃だらけであることに気づきました。
まったくひどいもんだ。

ペラペラ板を挟んで軽くハンダコテを当てていけば良いのですが、妻板のベンチレーターなどはちょっと面倒です。
妻板面をハンダメッキしてベンチレーターを置き、上からコテをしばらく押し当てます。
位置ずれの確認と、ついたかどうかの見極めが大事です。
IMG_4018.jpg
次のページ