FC2ブログ

よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

世田谷線デハ80(その4)

ライトチューブを付けましたが縁がないので間抜けな感じです。
thumb_IMG_0043_1024.jpg
パンタグラフは土台の孔と合っていません。
モーターは載っていますが、配線は台車につないであるだけです。
継ぎ目を埋めないと塗装に進めません。
thumb_IMG_0044_1024.jpg
スポンサーサイト



世田谷線デハ80(その3)

写ってないですが、屋根に渡板をつけました。
シルの取り付けは前面で少し手こずりました。
1/87のシルと比べると、ああ少し太いな、と思いますね。
次はヘッドライトとテールライトです。
ここは基準がないので、昔の写真を見ながら深さを位置決めしましたが、適当といえば適当です。
片面の片方だけ付けてみてこれを基準にしましょう。
thumb_IMG_0036_1024.jpg
さらにライトの内側にライトケースがつきます。
これはキットのライトが豆球のために必要なのでしょう。
一応小一時間かけてバリを切り取って磨いてみましたが、LEDに変更するので使うかどうか迷っています。
これを半田付けするときにライトが溶けそうです。
アンチクライマーはぴったり嵌り合います。すごいね。
thumb_IMG_0037_1024.jpg

東急世田谷線デハ80(その2)

妻板になんというのか窓下内側の桟をつけます。
やや長めに設計するのでしょうが、カーブは合っています。
thumb_IMG_0021_1024.jpg
エッチングのサッシを内側につけて問題なし。
底辺の座りが悪くて修正しましたが、おでこの合いもほぼ問題なし。
このあたりはカツミの経験量かと思いました。
thumb_IMG_0028_1024.jpg

東急世田谷線デハ80(その1)

カツミの世田谷線デハ80キットです。
1/80 16.5mmです。
第1回国際鉄道模型コンベンション記念発売製品で、確か「いさみや」に頼んで購入しました。
もう19年も経ってしまいましたね。
下回りを取り出してみると、CN?16モーターを斜めに配置する構造で、これは床下モーターにしましょう。
IMG_0009.jpg
モーターは今野さんモーター(名前知らず)が便利ですが、これが最後の手持ちです。
細長い方は4つもあるのですが、相変わらず使い道が難しくて今回も見送りです。
IMG_0010.jpg
キットのブラケットをにらみながら、新しく作りましたが、やっぱり一つ失敗しました。
IMG_0015.jpg
t0.5を折り曲げて、さらに厚さを足しているところ。
IMG_0012.jpg
モーターはおさまりましたが、ジョイントは2mmほどは長くて干渉します。
モーター軸とMPギヤ軸を切り取ることにしました。
糸鋸は歯が立たないので軸をペンチで抑えつつヤスリ取ります。
そろそろ回転鋸盤が欲しいところです。
モーター軸を削ると鉄粉がまとわりつき、MP軸は洋白か何かで断然ヤスリがけし易いです。
thumb_IMG_0016_1024.jpg
なんとか収まりました。
うちには16.5mmのフレキが無いのですが4番ポイントは通過しました。
thumb_IMG_0017_1024.jpg
台車が11度傾けばR200を通過する計算です。
カツミの台車はなんだか精度が甘いですね。
昔ながらのドロップなんでしょうか。
thumb_IMG_0018_1024.jpg