FC2ブログ

よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

zポイント-3

cjm氏がバックゲージ、フランジ幅を測定したところ、

・だるまやφ5.2改軌
 5.2mm  0.6mm
・MT社φ3.9
 5.4mm 0.4mm
・ペアーハンズφ3.5
 5.4mm 0.4mm
・メルクリンミニクラブ純正φ4.5
 5.35mm 0.45m

だそうです。
チェックゲージが全部揃っていることになるので、これはこれで好都合。

メルクリンの組線路も見せてもらって、測るとゲージは6.6mmでした。
ポイントはフログレスでフランジ走行をするようになっており、ある意味邪道だがどんな車輪でも通るようになっています。

これを踏まえて自分がポイントを作るなら、と、そのとき車輪の改軌寸法ガイドラインを修正。

線路
フランジウェイmax:0.7
チェックゲージmin:5.8
スパン:5.1-5.2

輪軸
チェックゲージmax:5.8
フランジ幅0.6、バックゲージ5.2±0.0
フランジ幅0.5、バックゲージ5.2-5.3
フランジ幅0.4、バックゲージ5.2-5.4

と思いましたが、さすがにこれは工作が厳しく、cjm氏のDLを私が測るとやっぱりバックゲージ5.0mmだったりするので、さらに修正して

線路
フランジウェイmax:0.8
チェックゲージmin:5.7
スパン:4.9-5.0

輪軸
チェックゲージmax:5.9
フランジ幅0.6、バックゲージ5.0-5.3
フランジ幅0.5、バックゲージ5.0-5.4
フランジ幅0.4、バックゲージ5.0-5.5

これなら何とか工作可能か、ということと、特に分岐側でフランジRが少しフログに当たるけれども、普通ナローは高速で飛ばしたりしないので多分大丈夫ではないか。

あとは作って実験してどうなるかまた後ほど。
「40番」という声が耳元で聞こえたので、某シェフから一本貰ってきましたが、これはやはり細くて果たして工作できるかどうか。
スポンサーサイト



次のページ