よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

Zポイント(その11)

枕木がプリント基板なので左右を絶縁します。
これはリューターとダイヤモンド円盤があれば楽ですが、つい削りすぎてへこんでしまうのを気を付けたら、ショートが発見されました。
地道にテスターで探して削りを加減します。
ちなみに学生のときに大枚叩いて購入したアナログテスターを使っていますが、今日初めて、テスター棒の中で線が切れました。
IMG_1248.jpg

エコーの1mmネジでロッドを固定し、KATO3tが通るかどうか、様子を見ます。
志低く、これさえ通れば良いということにしました。
電気接点を考えれば走り通るようです。
しかし、車輌にイコライザーが無いので、辛いかもですね。
ロッドの幅を設計していなかったので、転換を繰り返すとトングが抜けてきます。
スペーサーを考えないといけません。
IMG_1249.jpg

9mmゲージレールもハンダ付けしました。
適当なベニヤにルートを書いて、機運も高まったのですが、ここで#40ジョイナーがひとつしか残っていないことに気が付きました。
しばらく工作停止かも。
しかし、6.5mmは小さすぎて、設計してもその通りに作れません、ということが身にしみました。
IMG_1253.jpg
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

まとめ