よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

Gmeinder(グマインダー)

私の模型事始めは中高生の時代で、そのころの深いい話もないことはないですが、最初の機関車となると乗工社のGmeinderということになります。
IMG_1722.jpg
本当はHOjに目を付けたのですが、大きなカーブ半径に恐れをなしてナローから始めたのが実情でした。
色のセンスがなかなかに変であると、今見ると笑えます。
キットには何か手を入れるべきである、と思ったのでしょう、危うい工作で二つ目にしてみました。
ポロリと取れたら、戻せないと思います。
IMG_1724.jpg

いまだ経験が十年の新参者なので、当時の乗工社も倒産前の円熟期であり、この機関車もかっちりした構造で、モーター・ギヤ・ウェイトといった、車体内部の密度に感心したものです。
集電ブラシは洗練されており、ギヤカバーも付いていますね。
まったく動かしていませんでしたが、通電してみると音はうるさいものの、そこそこに走るのはさすがです。
IMG_1726.jpg

子供のときのペーパー工作はともかくとして、学生時代は見よう見真似で旋盤とフライス盤を覚え、就職してからは山のように試作基板を作った経験を積んだ大人としては、初めてのハンダ工作とはいえ、この程度の出来と相成りました。
すでにネットで情報が手に入ったので、森井さんや家元のページなどは大いに工作の参考にさせていただきました。

思い出話ではつまらないので、当時イメージした風景を即興で作ってみました。
水辺の桟の上を走っているところです。
引かせるために買ったナベトロは、6.5mmになってしまったので単独走行です。
IMG_1719.jpg
IMG_1721.jpg

さて、PUとなると最初に作ったのはボールドウィンなのですが、この動力は不良品という認識で語ることもありません。
ただ玉電だけは惜しいので、ギヤボックスを作ってみたいという、相変わらず頭の中だけの計画があります。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

まとめ