FC2ブログ

よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

2010年軽便鉄道模型祭

ナローの祭典もすっかり秋の行事として定着しました。
関西の運転会よりこちらのほうを優先したという方もおられたようです。
いつものようにクリッターズのあたりで休んでばかりですみません。
毎年レイアウトが作られて持ち込まれますね。

ナガウラさんのパイクです。私の車両もここで写真を撮ると雰囲気抜群です。
IMG_2330-2.jpg
ちょっと暗いですが、裏側の渋いところです。
IMG_2358-2.jpg
その昔、家元のウェブサイトがあったとき、スクラッチのDCや扉開閉の貨車を見て大いに刺激を受けました。
普段は駄洒落の家元を装っていますが、そのレイアウトの芸風はすっかり枯れて確立しております。
地面の表現と、彩色のバランスがとにかく良いのです。
両サイドから鑑賞できるパイクですが、入りづらい裏側を撮りました。
IMG_2340-2.jpg

IMG_2341-2.jpg
今年のテーマのひとつはPU(乗工社パワーユニット)だそうで、私も花園の単端を展示してきました。
この動力は前後進で調子が違うのですが、動力向きを逆にして前進がスムーズになるように工夫されています。
集電ブラシも最終形態となっています。
雑誌ではもうちょっと綺麗に並べた写真が掲載されるでしょう。
IMG_2331-2.jpg
おなじみ菅さんの6.5mmパイクですが、この車両の動きが信じられないほどゆったりとして、いつまでもぬるぬると動いていました。
IMG_2346-2.jpg
その他いろいろ目を引くものがありましたが、私が感心したのは三段重ねの浜頓別軌道です。
これは線路が適度に密集して遊んで楽しいレイアウトです。
Oスケールですが、大きさも手ごろでベテランの味ですね。
IMG_2347-2.jpg

IMG_2350-2.jpg

IMG_2353-2.jpg
スポンサーサイト