よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

DD351

80年代90年代に模型をしていませんから、12mm工作も皆と比べて周回遅れのところがあります。
悪評高いモデルワーゲン・津軽のDD351を今頃始めました。
何が悪いって走るように作るのが大変らしい、聞いた話だけですけど。
そうなのかどうか、とにかくギヤボックス(台車)を組みました。
上下・左右・前後の直角だけには気をつけます。
DSCN3329.jpg
動輪はギヤが片軸でロッド連動という辛い構造です。
ブッシュと六角ピン締め工具が入っています。
このあたりはちゃんとしてます。
DSCN3333.jpg
動輪まで装着すると、ちょっと引っかかります。
よく見ると動輪のロッドピンねじ切りの裏にバリが出ていました。
キサゲとヤスリで取って、ロッドの裏表も軽くなめておきました。
DSCN3331.jpg
指で押して転がるくらいです。
ウォーム駆動でどうなるかわかりませんが、まあまあではないでしょうか。
またも固定軸か、と一瞬思いましたが、三点支持のための軸押さえパーツがありました。
まったく動かない場合、バラさなくてはならないので、ハンダ削りはこれからです。
DSCN3335.jpg
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

次のページ

FC2Ad

まとめ