FC2ブログ

よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

ミニフライス盤(その2)

dda40x氏のこれこれを読んでMT2の危うさはわかっていたのですが、しごとちゅうのひまつぶし!?さんのフライスのページを見つけたので、X-1でも大丈夫とふんで購入したのです。
ところがこのセットのおまけのドリルチャックが装着されたまま受け取ったのですが、さっそくこれが外れません。
なんということか、付属の説明書には吊りボルトをハンマーで叩けと書いてあります。
ひまつぶしさんのページの穴あきボルトは無いようです。
たぶんコストのためか、私のは主軸が細くなってしまったように見えます。
何度かK社とやりとりして下のような筒型のジグを送ってもらいましたが、これもスピンドルを抑えるだけで叩くことには変わりません。
DSCN3494.jpg
それでもよくわからないスピンドル回りのネジを緩めながらやったら外れてくれました。
何か良い方法はないでしょうか。
このようなページも見つけました。
上と下のネジピッチを変えて押し出すのですが、中でネジ切れたらおしゃかのような気がします。

それでも気分が落ち着いてギヤボックス用のやや複雑な孔開けテストをしてみました。
目盛りはmmですが送りを数えるのは面倒です。
やはりDROは必須で板を直角に置くジグも欲しいです。
こうやって鉄道とは離れた作業に向かってしまうのですね。
DSCN3495.jpg
前のページ 次のページ