よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

ミニフライス盤(その4)

この三連休でケリをつける意気込みでDROの取り付けを行いました。
結局、ヘッドとテーブルは分解しないと鉄の塊への孔開けは無理でした。
普段の工作とは違って筋肉痛がひどいです。
X軸は移動距離が110mmでまあまあですが、Y軸は30mm足らずしか稼げません。
私のX-1はベースが小さくて取り付け場所が限定されるのです。
今はスケールが突き通るように金具を切り取っておいて、そのうちに伸ばす予定です。
ケーブルさえもじゃまで、固定部の取り付けは箱をひっくり返すなど、なんとかやりました。
テーブルを分解したらX軸だけ動きが渋くなってしまい、調整してもなかなか最初の調子に戻りません。
DSCN3586.jpg
表示部の裏は磁石がついているので、特に飲みたくも無いスチール缶飲料を買ってきました。
缶の飲み口は強力な接着剤で縁取りが付いていますね。
鉄鋏で切り出しました。
DSCN3590.jpg
暫定で近くに貼り付けました。
表示は暗いですが読めます。
DSCN3588.jpg
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

まとめ