FC2ブログ

よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

キハ40000

クラブで流線型(ぽい)ものを作ることになったのですが、キハ40000でも良いらしいので在庫整理で手をつけることにしました。
自分では流線型としては?なのですが。
CABが出したエッチング板です。
今はペーパー製を売ってます。
発売はモデルワーゲンでした。
まだ在庫があるようです。
t0.4の両面エッチングです。
DSCN3743.jpg
取り説です。
DSCN3744.jpg
まず妻面ですが、いきなり曲げます。
カーブはR0.5などと書いてありますが、適当なアルミアングルの角がなんとなく取れているのでそのまま使いました。
DSCN3745.jpg
リベットが潰れないようにアルミ板側にセロテープを貼っています。
窓枠の真ん中で曲げるので不安でしたが、なんとかなりました。
DSCN3746.jpg
シリコンゴム板の上で適当に丸みを付けます。
DSCN3747.jpg
ゲージに合わせてみます。
それほどぴったりとはいかないですが。
DSCN3748.jpg
手すり孔に真鍮線をからげて位置決めをして、シルヘッダーを付けました。
平面エッチング板を料理するのは初めてですが、ここまでくるとなんとかなりそうな気がしてきました。
DSCN3749.jpg
屋根と側板です。
頭の切れ込みを定位置まで切れ込んでおきます。
曲げ位置もケガいておきます。
DSCN3751.jpg
R4.0で指定されていますが、原寸図を見るとR3.0くらい、板の厚みを考えてアルミ板の肩を目検討でR2.5にヤスリで落としました。
屋根はそれなりに長いので曲げは妻板より硬めです。
DSCN3752.jpg
ゲージにはよほどぴったりの形にならないと入りません。
写真では無理やり押し込んでいます。
DSCN3753.jpg
まあまあという感じです。
屋根曲げの後に、ドア横を切り取らねばなりません。
切って曲げて貼って、久しぶりに金属工作の充足感がありました。
DSCN3755.jpg

スポンサーサイト



テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用