よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

BlueTooth制御のテスト(その3)

Appleのxcode/swiftは旧NEXTSTEPのインターフェースビルダーを引き継いでいます。
マウスでGUIパーツをテキストエディタに引っ張ると、コードが生成される仕組みで、これを初めて見たときは興奮したものでした。
いまやってみると、それほどでもありません。
Constraintやらはパーツがたくさんあると何がなんだかやっかいなものになり、内部のコードは見えません。
そんなわけで、これはパーツ類もコードの中でクリエイトしています。
iPhone4の画面で作っているので、他の製品だとパーツ位置がずれると思います。
シミュレータではBlueToothは動かないのですが、GUIの体裁は確認できます。
それでも予約語'let'を外すと実行時エラーがなくなったとか、納得いかない動きを乗り越えながらやっています。
決定的にswiftの経験が足りないのですが、とりあえず動くものを目指しています。
Simulator Screen Shot 20171029
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

まとめ