よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

Wi-Fi制御:最初の試作

ブログカテゴリの名前ですが、そもそもWi-FiはDigitalではないのか、と思った人はそのとおりです。
Digital Wireless Controlとしたいところですが、前項のようにWi-Fiで無いものが既に存在します。
ここはWi-Fiを強調したいし、DCCにもちょっと対抗したい。
今現在はゴロが悪いなあと思うようになり、どうしようかなというところです。暫定です。

ちなみに本家はWi-Fiと書いてますが、WiFiと書かれる場合もしばしばです。
さらにWi-Fiという単語は何のことか?というと、オーディオのHi-Fiに対抗したキャッチーなコピーで、あまり意味は無いようです。

赤い回路ボードがTexas Instruments社のCC3200というWi-Fi付きマイコンの開発ボードです。
とにかく機能を確認したかったので、Oゲージの真鍮機関車のテンダーに載せています。
黒い小さい電池箱がマイコン用で、その下の箱がモーター用の5V電源です。
そろそろと走り出したのですが、モータードライバの制限電流が小さくて保護回路が働き、勝手に急停車したりしました。
一応の成功を見ましたが、この大きさではこの先どうしようかと思ったことを理解してもらえると思います。
プログラムは1ヶ月くらいで集中して書いたと思います。
IMG_3210.jpg
次にめぐりあったのは、前職で付き合いのあったボード屋さんが、拡販用に作ったこの基板を持ってきたのです。
私はちょうどこんなのを欲しかった旨を伝え、右下のコネクタが小さすぎるので、電源とモータードライバを乗せたアダプタボードを作るように頼みました。
ところが、レイルから充電したり昇圧回路などの図面を欲張ったあげくに製作が遅れ失敗してしまいました。
また、電波法の試験を通していないのでこのままでは大手を振って使うわけにはいきません。
そのうち、そのボード屋さんの引き合い商品がBlueToothのほうに移ってしまい、そのボード屋さんのWi-Fiは現在も日の目を見ていません。
IMG_3667-2.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/1109-2fd966fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ