よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

WI-Fi制御:バッテリィ電源

バッテリィはなかなか面倒な問題です。
無線制御ですから当然バッテリィ駆動を考えました。
ラジコンではあたりまえですから。
近年はいろいろ進歩しているので、Liイオン充電池というのはどうでしょうか。
いろいろ調査もし、前職の社内に充電回路の専門家もいたのですが、結局採用をやめました。

我が家でハンディな掃除機を購入したところ、Liイオンバッテリィが搭載されています。
掃除機は昼間に少し使って、夜はACアダプタを挿して壁にかけておきます。
これはやはり鉄道模型の遊び方の事情とは違うと思うのです。
機関車が動かなくなったらACアダプタを繋いで何時間も置いておくということがあるでしょうか。
さっさと予備のバッテリィと交換して続けて遊ばないと楽しくありません。
この時点で充電回路も頭から消えました。

私は専門外ですが、Liイオン充電池は1セルが3.7Vと決まっていて、高電圧を得るためにはスポット溶接でバッテリィパックを作らないといけないようです。
鉄道模型はサイズがいろいろなので、これはやっかいです。
また外部圧力で発火したり、過充電で発火したり危険度が高いのはニュースにもなっています。

対してニッケル水素(NiH)電池は流通も良く、安心です。
サイズもいろいろなものが出てきたので8本くらいまとめれば使えそうだとわかってきました。
下は無駄に買い集めた充電池です。
Liイオン電池は単三サイズに見えても頭に保護回路が入っていて大きさが違いますね。なんということでしょう。
また充電アダプタも怪しいものでした。
IMG_3669-2.jpg
電池フォルダーも無駄に買い集めました。
IMG_3668-2.jpg
006P型の充電池は最近知りました。
容量は200mAHと小さいのですが、8.4Vです。
狭い車内では有効だと思います。
ただし充電には6時間かかるとマニュアルに書いてあります。
IMG_3666-2.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/1112-11e1a9c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ