よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

Wi-Fi制御のテスト(その3)

充電池でどのくらい走るのだろうか、というテストです。
まだ走らせる環境が無いので6P充電池(8.4V200mAH)を満充電にしてEN22という、HOでは良く使われる古めのモーターを無負荷で回転させました。
PWMは70%です。
APモードで2時間回りました。
止まったときの電源ライン電圧は5.9Vでした。
これはモータードライバのBD6222HFPが6~15V推奨のため、動作不能になったようです。
つまり、マイコンは動作していますが、モーターは先に止まるということです。これはい良いことかどうかなんとも言えません。
充電池は空っぽにすると良くないらしいですから、とにかくこうなったらバッテリはさっさと交換しましょう。

STAモードだと、これが4時間以上に伸びました。
実はAPモードは常に回りのSTAを監視しているので電力消費が大きいのです。
STAモードは、ざっと50mA くらい得する勘定です。
IMG_3655-2.jpg
最初モータードライバは空中配線をしていたのですが、1.27mmピッチの変換基板で少しはすっきりまとまるようにしました。
IMG_3672-2.jpg
IMG_3673-2.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/1115-5980314e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ