よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

WI-Fi制御:諸元

【マイコンボード】
WiFi Micro, RedBearLab製
https://redbear.cc/product/wifi.html
ARM Coretex-A8,80MHz,256KBSRAM,1MBSFlash
2.4GHz 802.11bgn Wi-Fi certificated

【モータードライバーIC】
BD6222HFP-TR, Rohm製
耐圧18V(推奨6V~15V)、最大電流2A

【キャブ操作】
スマートフォンかPCなどのWi-Fi無線とブラウザ操作による

【モーターパルス制御】
周波数20kHz、 ステップ数10

【ファンクション Fx1~4】
Common電圧5V

【長所】
線路が無くても走る。レールを磨く必要が無い。草生した線路で脱線してこけても動輪が回り続ける実感を味わえる、(など少し言い過ぎです。)
レールのフィーダー配線がいらない、ショートやギャップを気にしなくてよい。
操作環境がどこにでもある。(スマホでいいから)
ウォークアラウンドも簡単。

【短所】
このマイコンは多機能ですが高価です。しかもスイッチサイエンスでは在庫切れとなっています。
電池は車両内部の空間を塞ぎます。
他所のレイアウトに入線するときに気を使う。(ショートや車輪の汚れなど)
充電池を取り替えるのが面倒。プラモのように、蓋を開けてかちゃっと取り替えられるのが理想。
真鍮車両の中で電波が通るか未確認。蒸気機関車ならばテンダーの石炭で隠すのがよいかもしれません。

【備考】
無線機能は意外と機種による差があります。私の中国製スマートフォンはとにかく動作が遅いです。iPodの性能は何倍も良いです。
モーターパルス制御は何の芸もなく、直線の速度カーブです。将来は設定変更可能にするかもしれません。
ファンクションは外部回路が無くてもすむようにオープンドレインを採用していますが、マイコン内部のFETが小さく、8Vでは素通りでLEDが点きっぱなしになります。
そのため、コモンを5Vに固定していますが、データシートに記述が無いので困ります。テストでは問題なさそうです。
このマイコンはPCM音声出力のインターフェースを備えています。オーディオCODECとアンプ回路を追加すればサウンドも可能です。
今後はHOサイズに挑戦してみます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/1118-b9459287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ