FC2ブログ

よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WifiTraxの製品

サイトの文言を読んでいるだけですが、紹介します。

これが車両に載せるWifiボードで$69です。
私のボードだとこんなに安くはできません。
ESPの刻印が見えますが、ESP製のWIfiは安いです。

8ピンコネクタが付いていて、DCCレディの車両にはすぐに装着できるようです。
つまり電源は線路から取ります。
WMH-20-383x538.png
コンデンサが4本並んでいますが、これでざっくり5秒間は線路が無くても走ると書いてあります。
5秒は微妙な数字ですが、この大きさだと普通の電解コンデンサなのでしょうか。
私のWifiを見た何人かは、線路から充電できるようにして欲しいと言っていました。
用途によってはコンデンサもありかなと思います。
WMH-20-Side-570x585.png
制御ソフトはWindowsとアンドロイドが用意されていて、iPhoneは準備中のようです。
Wifi Direct(列車とスマートフォンが一対一)とWIfiルーターを使ったモードがあります。
コマンドプロトコルは独自でソケット通信をしていると思います。
だいたい想定通りですが、製品だけに画面はしっかりしてますね。
app-intro-1.png
タワーアプリというポイント操作の別アプリもあります。
1画面だけではなく、設定は大変に複雑ですが、システムとしてちゃんとここまで考えています。
mapsScreenRun1.png
サウンドシステムは開発中のようですが、モーター制御のボードとは別ボードになるように見えます。
スポンサーサイト

コメント

使いやすそうな制御画面ですね。
画面のスライダと速度計は連動しているのでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/1162-3dc0fa7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。