よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

自作単端

2000年頃かと思いますが、「ナローゲージブック 1」を見て、太田さんのガソリンカーがどうしても欲しくなり、スクラッチで作ることにしました。
最近はモデル8の出物があるようですが、当時はまったく目にしませんでしたので。
まず特徴のあるエンジンのボンネットですが、恵比寿のMr.Craftでミニカーを購入しました。
選んだのはBuschのフォード・リーファーワゴンでお値段1300円也です。
これの鼻先をちょん切って使うことにして、ボディは0.2tの洋白板で作り始めました。
AUT_3207.jpg
ダレるのを避けて洋白にしたのですが、当然曲げにくいというデメリットもあります。
これの窓抜きは小さくて大変で、仕上げはバローべの角ヤスリ一本しか使えませんでした。
AUT_3251.jpg
AUT_3254.jpg
ボディの四隅には0.5x0.5の角線で補強して、外側のカーブを削りだしました。
AUT_3256.jpg
屋根はなんと真鍮の1.0t板を3枚重ね(確か)にして、グラインダーで削りだしました。
これまた指の痛くなる重労働でした。
動力は当時リニューアルした、グリーンマックス・キハ04用のモーターと車輪です。
ボギー台車は珊瑚のアーチバーを寸詰めにして、ダミーとしました。
後輪は珊瑚のφ6.5ピボットと単軸台車を使い、太田さんのを参考にディテールを追加しました。
組んでみると、屋根が真鍮厚板、ボディは洋白、床がベーク板という、重量的になんともアンバランスな組み合わせとなりました。
ヘッドライトは、お椀型の足を取ってから、おでこにハンダ付けしました。
これは、当時は小型のチップLEDなど存在せず、ファイバーで光りを通そうと思ったからです。
(↓の写真はまだライトに足がついていたとき)
AUT_3302.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/411-37c5a532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ