よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

9600(その18)

渡り板をつけたキャブ上回りを被せたら走りませんでした。
渡り板がテンダーといきなりショートしてますね。当然です。
そのうち全軸集電にするつもりなので、これは機炭同極にしてしまえば問題ないでしょう。
IMG_1681-2.jpg
また600Rカーブでは先輪がシリンダーブロックとショートすることもわかりました。
さっそく600Rを改変しなければならないのかと、がっくりしましたが、動輪は余裕で通るのでもったいないです。
首振り板の長さに少し余裕があるので、表裏にワッシャーを張って孔を開けなおして解決しました。
IMG_1684.jpg
引き続き、実験線はとても良いです。
悪いところがすぐにわかります。整備がどんどん進むのでは。
懸案であった3点支持の工作もイメージが涌いてきました。
スポンサーサイト

コメント

新年おめでとうございます。
先輪はどうしてもショートや脱線の原因になりがちですね。ウチの乗工社D51完成品もシノハラ6番を通すために少し加工をしています。そのおまけでR610を通るみたいです。

  • 2009/01/04(日) 23:39:40 |
  • URL |
  • ヤマ #JalddpaA
  • [ 編集]

ヤマさん、おめでとうございます。
また適当なときに加工したものを見せてください。

  • 2009/01/05(月) 01:17:32 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/482-e6ccf424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ