よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

直径記号

直径をあらわす記号は丸に斜め棒ですが、ワープロの変換文字には無いので、ギリシャ文字のΦをよく代わりに使います。
私はずっと「ファイ」だと思っていましたが、正しい読みは「マル」だそうです。
つまりゼロと区別するために、○に斜め棒を入れたのですね。
昔はファイが言いづらいのでパイと教えたことがあったらしく(これは私は知りません)、パイと読む人までいるらしいです。
しかもΦ5と書いても、現場では「ごマル」と読んだりするそうで、さらに5Φと書く場合も多々あるそうです。
diameter.jpg
CADで寸法を入れると、確かに後ろにつきました。
ちなみに手元の「レイアウトテクニック」でも300Φなどと書いてあります。
厚さを表すtの使い方も後ろ付けですね。

まあ言っている事が通じれば、特にこだわりません。
自分の図面を外に出す場合は(ないでしょうが)、気をつけましょう。

思い出しましたが、○立系列の会社ではゼロには斜め棒を入れておりました。
オーはゼロと区別するためにoの上に横棒を引きます。
すると300Φは3ΦΦΦになるのでしょうか。
まさか、これではわかりませんね。
確認したことがなかったですが、日○のことだから、別の記号を使ったのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/490-6df8248e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ