よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

ロンビックイコライザ

Oナローの車輌なら、以前にもロンビックを作ったことがあります。
12mmのワフ21000のキットを作るにあたり、TMSの記事を参考にして、同じような構造のロンビックイコライザを組み込みました。
まだ改造を加える予定ですが、実験的なことをしたので書いておきます。

イコライザだけではバネ緩衝がないので、線路の不整ではねかえるのは確かです。
Giants of the Westにヒントがあったのでゴムを貼り付けてみました。
ゴムは付けたり外したりするだけで簡単です。
最初に見つけたのは、我家にあった家具の防震材です。
IMG_1770.jpg
粒ゴムがつながった形で、これの一粒が2mmの厚さなので半分に割りました。
これはゴムというよりプラ素材で、バネが硬過ぎであまり効果が無いようです。
IMG_1769.jpg
次は普通の輪ゴムを三角形の形に切りました。
一般にはどうだか知りませんが、手持ちの輪ゴムの厚さは約1.2mmで、これも都合の良い大きさといえます。
ゴムを挟むと姿勢が安定するので、これだけでも安心感があります。
IMG_1767.jpg
実験線に0.6mmの障害を置いて、手押しで乗り超えの確認をしました。
車輌はまだ下回りだけで、重量は50gです。
実験線は薄いベニヤで、もともと大反響がします。
ゴムありのほうが、不整での音は確かに小さいか?と言える程度の違いです。
脱線のし易さについては、よくわかりませんでした。
今のところ、まったく定量的な話ではないので、サウンドレコーダーで波形に撮ってみましょうか。
IMG_1768.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/502-4cd07c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ