よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

錘付きポイント転換器

転轍器がダミーというのは、どうか、と思ってやってみることにしました。
錘付きは構造が単純でよくできていますね。
自分で構造を考えてみた時期があったのですが、関節ばかり増えてどうもだめでした。
エコーのキットは2個組ですが、1個を組んだとき片方のパーツを飛ばしてなくしました。
幸い残ったほうを型にして、真鍮板を切り出しました。
DSCN1916.jpg
強度的に不安になったので、突然洋白に切り替えて、半田付け。
やや大きめに切り出して、後で削れるように、余裕を持ったりしています。
目分でやってます。ストロークは3mmくらいです。
このへんで目が疲れました。
果たして、動くのか半信半疑です。
ピンはφ0.4でやってみます。
自作ポイントの限界もありまして、だいぶオーバースケールでしょう。
DSCN1917.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/533-92aaaf0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ