よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

D51(その5)

バルブギヤまわりです。
モーションプレートはロスト製で左右をまとめましたが、加減リンク止めのネジブッシュがあるのを理解していませんでした。
DSCN2092.jpg
後からではコテが届きにくく、ハンダでネジ穴を埋めるとまずいので、チョン付けとしました。
ロストは若干の歪みがあってリンク止めネジはやや傾いています。
DSCN2093.jpg
クロスヘッドと加減リンクを組みました。
1mmネジが多用されています。
このあたりも、ネジ孔が切れていなかったり、通し孔が小さかったり、いろいろ手間がかかります。
いちいち最初にネジ通しを確認しながらのほうが良いでしょう。
エコーの1mmタップを買っておいて助かりました。
DSCN2095.jpg
1mmネジも六角ヘッドなので爪楊枝にテープ止めで対応しました。
これは私が中学生のときに、自由が丘マミー(おもちゃや)のお兄さんに教えてもらった技です。
六角レンチを付けて欲しいですね。
DSCN2094.jpg
シリンダブロックと組み合わせて転がします。
手押しで前後に転がしていくと、ネジが次々に緩んできます。
クランクビスから全部外れてロッドがばらけたりしました。
各部の垂直を確認して、ネジ締めを繰り返し、なんとか前後進でR600クリアするようになりました。
スライドバーの強度がやや不安です。
DSCN2096.jpg
ギヤボックスを組んでみましたが、モーター周りのどこをハンダ付けしたらよいのか、よくわかりません。
モーターホルダーの根元の形が変です。
モーター軸の延長はゴムチューブで気に入りません。
他に何か良いカップリングはないでしょうか。

あと、ギヤボックスカバーは絶対的に深さが足りません。
⑧の袋でネジが2本余りました。
他で使うのかどうか、今のところわかりません。
DSCN2097.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/571-92551359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ