よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

デッキガーダー橋-2

楽勝ではないか、と書きましたが組立ては辛かったです。


表と内側の側板をハンダ付けしますが、ここの合わせだけは慎重にします。
DSCN1002.jpg

マニュアル通り天井のリベット板を貼ります。
ずれてますね。。。
DSCN1003.jpg

鬼門は側板外側の補強板です。
エッチングで浮き出たパターンの横に帯板を垂直に付けるのですが、これが26枚です。
これは帯板を支えるのがかなり辛い。
鏝先の形もここに向いていなくて苦労しました。
数こなすうちにピンセットで中央をつまむことで、左手で保持するのにも慣れてきました。
ですが、もっと別の設計はないものでしょうか。
あまりアングルに見えませんよね。
DSCN1004.jpg

端っこの補強板は力技です。親指で支えながら垂直を保つ。
DSCN1006.jpg

一瞬でハンダ鏝をあてます。(親指の右側)
追記:順番考えて垂直冶具とかを使えばこんなことする必要は無いですね。
DSCN1007.jpg

クロスアングルはロスト製でハンダが流れにくいです。
仮付けしたらバーナーであぶりました。
最後にややこしいのが斜めの梁です。
アングル材なんですがやはり裏からピンセットで保持して付けるしかなく、鏝も届きにくいです。
DSCN1009.jpg

3時間ほどもかかりました。
線路を敷くつもりだったのですが疲れておしまい。
追記:足の位置が少し違うようです。引っ込めましょう。
deckgirderbridge.jpg

スポンサーサイト

コメント

お疲れ様です。
なるほど、楽勝ではなさそうですか。
細かな部品の位置決めと保持、固定は
いつの悩みの種ですね。
ますます封を開けるのが遠のきそう・・・。

  • 2006/08/06(日) 21:29:03 |
  • URL |
  • やまぎし #-
  • [ 編集]

端の補強板は順番を最初にして垂直冶具使えば良かったです。
楽じゃないですけど、自作することを考えたらこんなりっぱなものは一生作れないのですから。

  • 2006/08/06(日) 23:02:31 |
  • URL |
  • hrsm-管理人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/59-cb47d502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ