よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボンロッドハンダ付け(その4)

実際のキットで試しています。
火花バチバチ、音もジジジッと、まるで溶接のようです。
今度は少し出力が高すぎたのかも、と思っています。
まだ初心者です。
D51ランボードの裏からロッドを当てたら、溶けかかって表が飛び出してしまいました。
エッチング板が薄いせいですが、逆転テコの影で目立たないところなので、運が良かったです。
HOサイズでは5Vくらいがちょうど良いのかもしれません。
このあたりはやってみて体感で調整すればいいと思っています。

ハンダ付けそのものは、通電2秒くらいのものです。
表からやると若干表面が荒れるような具合です。
DSCN2205.jpg
練りハンダがあるとパーツの押さえを手でできるので便利です。
手持ちは、いさみやのソルダーペイントと出所不明のミラクルハンダというやつです。
ミラクルハンダはどこで買ったか覚えて無いのですが、天賞堂かもしれません。
いさみやのほうがキメが細かくて使いやすいです。
DSCN2206.jpg
トランスが3000円台。
フットスイッチが2000円弱。
ケーブル500円、といったところです。
安くできました。
スポンサーサイト

コメント

やってますね

 ジジジと音が出るとアークが出ているわけで、金属が溶けます。カーボンを押しつけてフートスイッチを踏み、離してからカーボンを外します。
 足踏みスイッチを細かく踏んで電力を調整します。電圧調整はあまり意味がないようです。
 この方式が日本でも広まるとよいですね。 

  • 2010/01/01(金) 02:10:35 |
  • URL |
  • dda40x #w4rkV/6k
  • [ 編集]

dda40xさん、
ロッドが触る瞬間は接触面積が小さいので、余計な大電流が流れて良くない、ということですね。
気をつけます。

  • 2010/01/01(金) 23:27:27 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集]

いや、そうではなく、電流が小さくてもアークが出来ていますから温度が高く、ブラスが損傷します。
カーボンが圧着された状態で通電すれば、発生した熱の大半はブラスにおとなしく吸収されます。

  • 2010/01/11(月) 21:44:28 |
  • URL |
  • dda40x #w4rkV/6k
  • [ 編集]

dda40xさん、
調べるとアーク放電はずっと高温ですね。
私の場合、使用においては、やはりここがポイントです。
つい足より先に手を離しそうになってしまいます。

  • 2010/01/12(火) 22:06:26 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/593-8461d18f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。