よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

リベット打ち

D51の主台枠ですが、台枠後板(1-13)を片方無くしたままで、気になっていました。
製品にはリベットが打ってあるので、初挑戦してみました。
DSCN2340.jpg
DSCN2341.jpg
適当な板にケガきます。
ケガキ針が無くて、珊瑚のトースカンのものを使いました。
DSCN2342.jpg
世の中にこういう方法があるか知りませんが、自分で考えました。
三つほど同じ形を切り出して、ひとつのリベット位置に孔を開けます。
DSCN2343.jpg
打ち出す板を焼きなましておいて、重ねて仮にハンダ付けした後、下の孔をめがけてケガキ針で叩きました。
針で押し出せるかと思いましたが、結局ハンマーが必要でした。
板厚さがt0.3ならよかったかもしれません。
メリハリは出ていますが、位置は大いにずれています。
フライス盤の必要を感じますね。
DSCN2344.jpg
2枚作って、少しはまともなほうを使いました。
ここまできて、オリジナルが3列であることに気づき、苦笑しました。
目隠し板ですし、動輪の影で目立たないのでこのまま使います。
いつかはやってみたかった工作をまたひとつクリアしました。(へたですが)
DSCN2346.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/621-f0cc87fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ