よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

D51(その30)

紙などをはさんで、空気作用菅を磨きだしました。
キサゲとヤスリをあれもこれも使います。
汽笛、煙室ハンドル、給水温器も磨きました。
汽笛を磨いていたらポロリと取れたのでゴム系で接着しました。
平尾社長のように黒染めの前に保護しておけば良かったと思います。
その他、取れた逆止弁配管を接着しました。
またもや二子三方コック配管と発電機配管が取れたので、ハンダ付けしなおし部分塗装しました。
DSCN2415.jpg
キャブ内部を塗装しました。
エナメルのスカイがあったのでこれを筆塗りしました。
キャブに隙間があって、表にはみ出たので、これも補修塗装しました。
天井裏は白らしいですが、少し苦労して仮組みしてしまったので後日。
DSCN2416.jpg
ランボード下に白線を入れました。
烏口でハンブロールの白です。
塗料濃度によってうまいところと波打つところと差が出ました。
火室Dとブレーキシューにグンゼの水性錆び色を塗りました。
これはとても良い色だと思うのですが、ノズルが詰まるので、筆塗りです。
ナンバーは保存機と同じ408があったので、これにしました。
外観はちょっと違いますけどね。
DSCN2418.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/633-3211f927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ