よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

ワラ1(その7)

dda40x氏がセメダイン/スーパーXを紹介されています。
振動に強いのがとても鉄道模型向きで、近年は接着剤も工具も進歩して工作が楽しいなどと言っておきながら、これを知らなかったのは模型人生を損したような気分です。
本当にゴムで固めたように付くので、車両から飛び出ているようなパーツに便利ですが、思いつきで台車を支えてみました。
t0.1のリン青銅板に盛り上げて緩衝材代わりにしました。
2回に分けて盛り上げましたが、1回で高さは十分だったようです。
DSCN2453.jpg
板は特に下処理もしていませんが、非常に丈夫に付きます。
前回のバネ板に代えて乗っけました。
DSCN2454.jpg
正直あまり期待はしていなかったのですが、転がしてみると案外うまく障害を越えてゆきます。
おわん型のゴム先端で支えているので、ぶつかったときに台車ごと傾くのが良いようです。
もうひとつは車輪径を大きくすれば良いのでしょうが、それはスケールモデルでは叶いません。
次はイコライザーに使ってみましょう。
DSCN2456.jpg
スポンサーサイト

コメント

スーパーX

そういえば、この接着剤の事は出てすぐぐらいの関西合運で西野さんから教えてもらいました。
その時に困っていたのは、ペーパーの客車にホワイトメタルや黄銅のホロ枠を付けると、ペーパーの柔軟性のせいで取れるねぇ、という事からで、「なら、新しい良い接着剤がありますぜ」と言われたのでした。
あの時、原嶋さんいなかったっけ?

  • 2010/06/11(金) 10:03:22 |
  • URL |
  • 稲葉 清高 #cTONq8Zs
  • [ 編集]

それはいつですか。
きっとその回はいなかったのか、それとも私がふらふらして話の輪の中にいなかったのでしょう。
これからのストラクチャは全部これですね。

  • 2010/06/11(金) 21:28:55 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集]

> きっとその回はいなかったのか、それとも私がふらふらして話の輪の中にいなかったのでしょう。

まあ、合運って最大の目的 (酒を呑む事) の他に、こうした「ちょっとしたコツ」みたいなのを聞けるのが楽しみで行ってますけど、逆に言うとどこでいつ面白い話があるかは判らないんですよねぇ...
そういえば、運転するのも目的に入れておいてあげないと可哀想か ;-)

  • 2010/06/14(月) 01:14:26 |
  • URL |
  • 稲葉 清高 #cTONq8Zs
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/643-b5fd7321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ