よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

ジャイロ(その2)

JAMのクリニックというものを初めて見てきました。
ジャイロモノレールカーに人が乗るという資料の数々は面白かったです。
しかし工作の過程についてはもうひとつの印象でした。
ジャイロ効果の説明は「森博嗣の半熟セミナ 博士、質問があります!」と同じで、一般にはわかりにくいかなという感じです。
独楽が倒れないことの数学を使わない説明は、「もっと簡単なジャイロ効果」が納得できると思います。
最後のデモでは、モーターの回転数を確かめてそろそろと手で支えながら立たせるのが、私の模型とまったく同じで笑いました。
しかもしばらく立たせるとコテンと倒れたので安心しました。

佐藤氏のモノレールについては、摺動面がどうのと書いてしまいましたが、実機を見るとまったくシンプルそのものの美しい機械でした。

小池氏のモノレールカーは私が見ているときは何週も走っていました。
モノレールの鈍端ポイントをしっかり作られていました。
バランススイッチはただのオンオフで、やはり調整が微妙とのことです。
DSCN2578.jpg

私のジャイロ模型は鉄道模型パーツで作ろうとすると車輪をどうするかでアイデアが止まっています。
エネルギィがほぼ振動になってしまうので大した物になりそうにありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/660-7bfbea0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ