よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

9600(その32)

前側の集電ブラシが変な形で作ってしまって、第一と第二の動輪に当たる力の向きが違っていました。
この変なブラシが半分の原因で、第二動輪に当たっている部分を切り取ったらかなり良くなりました。
ロッドの精度も悪いのですがこれは直りませんね。
走りは良くなったのですが、井門さんのブログに触発されて下回りを全部黒染めすることにしました。
いさみやの黒染め液を買ってきて、まずは先輪から。
油分を取って筆塗りしたのですが、ずいぶんとムラになります。
DSCN2642.jpg
動輪はなにしろ軸受けを染めるのが大きいので、薄めた液に漬けました。
一分くらいで見る見る染まってきますが、引き上げて拭き取ると染まったところも落ちてきてしまいます。
DSCN2643.jpg
井門さんの液を指で撫で付ける方法はなかなか有効で、なぜかはわかりませんが、ムラなく鉄色になっていきます。
このメッキは硫化銅でしょう。
反応するときにちょっと嫌な匂いがします。
試しにステンレスのロッドピンを漬けても何も変わりません。
ロッドはメッキのまま漬けましたが、それなりの変色で、真鍮地肌とはちょっと違う色合いです。
軸受けは目立たなくなりました。
DSCN2644.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/674-988e6452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ