よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

関東合同運転会

もう一週間以上経ってしまいましたが、関東合運にも参加しました。
私はヤマさんのブラックストーンHOn3を所望し、持ってきてもらいました。
フレキレールが間に合わず、PtoPの往復運転となりました。
実物の知識はあまりないのですが、このサイズとサウンド搭載済みは実に魅力的です。
集電加工とデコーダを載せるのは一苦労ですからね。
DSCN3004.jpg
DSCN3008.jpg
私も要望どおりナローのレイアウトも運び込みました。
ああ、そうそう、リバースのポイントはすぐに戻さないと出口でショートする、なんてことを思い出しながら、実際に運転するのは初めてです。
PECOの分岐はバネが入っているのに、意外と接触不良で無電区間となります。
この上補助接点も付けるのか、と思うと滅入りますね。
さらに2列車運転もするとなるとスイッチがもう一列必要ですね。
DSCN3006.jpg
乗工社の草軽のパンタは裏で引っかかってしまいました。
DSCN3027.jpg
やまさんのC56は快調に走ってました。さすがです。
対して私のはまたショート箇所が発覚し、どうしても集電ブラシの調子がだめでした。
DSCN3024.jpg
栗原さんのレイアウトは毎回感動します。
今回は腕木信号の完全動作をじっくり見ました。
DSCN3026.jpg
南武線? 行き先表示が欲しいです。後ろの113系と合わせて昭和ですね。
DSCN3015.jpg
クモルとクルですが、上からボルスタ孔が見えないんです。
床板が三枚構造だそうです。
DSCN3012.jpg
DSCN3013.jpg
13mmクラブの一体フログを使った試作です。
作るのもある程度楽ですかねえ。
DSCN3017.jpg
HさんがOjゲージスクラッチEF64をもって現れました。
DSCN3023.jpg
揺れ枕までよく動きます。
DSCN3020.jpg
0番クラブはいつもより多数の車両が集まっていました。
DSCN3028.jpg
電車の多さが目立ちます。
確か初日はスケルトンのトラムが居たと思うのですが、この日は見当たりませんでした。
DSCN3030.jpg
会場の外は別の鉄道イベントがあり、ライブ機関車も走行していました。
DSCN3032.jpg
直線の往復だけですが、ものすごい混雑でした。
ちょっと頑張ってJAMの屋上で乗ればいいのにと思いました。
DSCN3033.jpg
スポンサーサイト

コメント

草軽を乗り入れさせていただきありがとうございました。電化ナローのレイアウトは立体交差もそれなりのクリアランスが必要なようですね。ウチも基本は非電化ですが草軽だけあります。

  • 2011/10/16(日) 12:22:18 |
  • URL |
  • ヤマ #-
  • [ 編集]

13mm のポイント

> 作るのもある程度楽ですかねえ。

フログが一体だから楽というより、この勝瀬さんの「キット」は、トングやガードが加工済みなので、枕木さえ貼って (ついでにバラストをまいて) やれば、スパイクするだけというのが楽なのです。

ただまあ、この横においておいた圧接型のポイントの模型 (102 形式) とのトータル時間を比べましたが、トングとかフログを削っても 30 分も変わらない。一番時間がかかったのは (バラストを除くと) 枕木を寸法に切って、図面通りにならべて貼り付けるところでした ;-)

関西合運に勝瀬さん本人がお持ちになった試作品は、タイプレートや床板も再現されていて、当然分岐器は犬釘ではなくボルトで接合されていました。ここまでやると、手間も相当増えるはずです。ついでに、実物の 101 形や 102 形の図面を全部渡しといたから、次の量産試作はもう一歩忠実度があがるはずです。

ヤマさん、稲葉さん、コメントありがとうございます。
製作時間もちゃんと測っていたんですね。

  • 2011/10/19(水) 22:28:47 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/773-18d00816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ