よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

炭素棒ハンダ付け電源キット

これは見よう見まねで作ってみましたし、大いに役立っているのですが、いろいろ良くないところもわかってきましたので、頒布してもらいました。
まず自分のはケースがありませんのでずっと裸で使っていました。
これでも機能は同じですが、サイズをはじめ在庫があるかとか考えだすと面倒ですね。
孔あけはやらないといけませんが、パーツが揃っているのは大変ありがたいです。
しかも材料・素材に詳しいdda40xさんが揃えたものですから、考えることがないので楽です。

トランスをケースに載せて現物あわせで孔あけです。
こういう工作になると、ドリル歯は1mm以上、切り粉は山のように出ていつもと勝手が違います。
4mmと3mmのドリル歯を買いに走りました。
DSCN3145.jpg
トランスは横向きに収めるので、アルミアングルで支えを作り、6箇所で保持します。
ちょうど良いごついサイズのアングルがありました。
DSCN3147.jpg
製作記事に合わせればだいたい間違いないですが、ケースの中は結構タイトです。
自分のトランスと比べても大きめです。
電圧は2次巻き数を変えることばかり考えていましたが、一次側タップが複数あれば切り替えができるというわけです。
こういうトランスを選ぶべきでした。
DSCN3150.jpg
大きい孔開けは問題です。
途中で8mmのドリル歯も買いに行こうか迷いましたが、糸鋸でなんとかなると思い、気長に作業しました。
ケースの隅のほうは辛いですね。
DSCN3151.jpg
正面の仮配置です。
DSCN3154.jpg
一日でできるかと思いましたが、そうはいかず配線は来週です。
パワーパックを作ったことのある人ならば大丈夫そうですね。
久しぶりにごしごしと工作をしてしまいました。
DSCN3155.jpg
スポンサーサイト

コメント

進んでいますね。
ターミナルは左右に分ける方がショートがなくて良いですね。
アルミを糸鋸で切るのは大変です。私は荒いヤスリで削り落しました。
短絡時に飛ぶので、4Aか5Aのフューズと取り換えると良いと思います。

  • 2011/12/18(日) 23:02:16 |
  • URL |
  • dda40x #-
  • [ 編集]

dda40xさん
ターミナルは回転しても触れない位置にしてみました。
圧着工具は一寸だけ職場で借りることにします。

  • 2011/12/19(月) 21:54:35 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/788-3ec9a858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ