よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

ジ1(その3)

穴が開いてしまったので低温ハンダで埋めます。
温度は忘れましたけど融点が130度程度です。
対ホワイトメタルでも盛り付けができます。
DSCN3192.jpg
キサゲでこりこりと丁寧に削って、あとは下地の色を塗ってから修正です。
テレビで見たのはバイオリン職人が金属の切れ端を手に持って表面をなでていた作業です。
削るというより粉を出す感じです。
DSCN3193.jpg
スポンサーサイト

コメント

低融点ハンダって成分何でしょうね?
ホワイトメタル床下機器をこれでつけてますが、時々温度設定間違えて溶かしたりします。

ヤマさん、
こういうのは私はさっぱりわかりません。
合金にすると融点が変わるって不思議ですが、便利に使うのみです。
ホワイトメタルはなるべく接着にしているんですけど今回は失敗続きです。
窓内板も色が違うので後付けにするべきでした。

  • 2012/01/22(日) 23:33:22 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/800-9fcb6128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ