よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

DD351(その2)

床板とランボードを貼り合わせます。
エンドビームと縁板の厚みだけランボードが大きくなっています。
エンドビームにはスノウプロー取り付け板が差し込まれます。
裏のめくりだけやすっておけば大体合いはよいです。
DSCN3336.jpg
縁板は長さが足りなくて隙間があきました。
事前に床板を削るべきだったでしょうか。
あとで何かを詰めておきましょう。
DSCN3338.jpg
動輪をはずさないとセンターピンの取り付けができません。
集電ブラシを一緒に挟みます。
バネで動輪押さえを兼ねています。
三点支持のピンも見えます。
DSCN3339.jpg
ウォームギヤの直径が大きくて効率が悪そうですね。
全体サイズが小さいので仕方ない面はあります。
良くできているところと変なところが半々という感じです。
DSCN3340.jpg
モーターはマシマの1624ですね。
ゴムチューブは感心しないので、ボールジョイントをあてがってみましたが、モーターが大きくて空間が足りません。
ブラケットを改良してイモンの1616に交換するつもりです。
なかなかの騒音で、やや腰を振ります。
動輪のギヤと中間ギヤの距離がちょっと合っていない、暴れている感じです。
でも転がりはよく、ゆっくり走ります。
R350も余裕です。
とても難しいのかと思いましたが拍子抜けしました。
DSCN3341.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/828-c26090b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ