よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

キハ40000(その13)

つりかけにしようとしましたが、床下が狭くて無理でした。
床板を上げればよかったですが、IMONのボルスタ寸法をそのまま使ったので。
床板に孔を開けることも考えましたが、みっともよくありません。
失敗したブラケットはスリットの位置もミスしてました。
作り直す気にならず、モーターを両面テープで押さえつけてます。
カバーはフクシマのものです。
ジョイントはダルマヤのSボールジョイントですが、太いのでシリコンゴムに交換するかもしれません。
DSCN3813.jpg
スポンサーサイト

コメント

床下伝動もある程度長さが必要なんですね。
江若鉄道の流線型気動車で参加しようと考えていますが、
動力をどうするかというところです。

ヤマさん、
昨今はモーターが中に見えるのも避けたいところだし、難しいですね。
うまく隠せないもんでしょうか。

  • 2013/04/01(月) 22:40:10 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/901-dbfee215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ