よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

C55流線形(その5)

ロッド・バルブギヤ・加減リンク等を組みますが、組んだだけではまず動きません。
毎回それなりに悩むので備忘録で記しておきます。

ロッドやリンクの裏側はバリだらけです。
これを綺麗に削っておきます。

特にメインロッドは反っていることが多いです。
これがサイドロッドネジなどにあたるので修正します。

サイドロッドも組立て済みですが、ばらして磨く必要があります。
クランクピンで重なるところは横着しないで表裏磨きます。

リターンクランクの頭は出っ張りがあると自分のリンクに引っかかるので修正します。

モーションプレートはロスト製だと加減リンクの入る隙間が狭いことがあります。
適度に削り修正します。

ピストン棒は前に当たるようなら、後ろぎりぎりまで短くします。

転がしてどこかひっかかりがあるならば無理して回しても無駄です。
クランクビスが緩んで外れたり悲惨なことになります。
DSCN3959.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/938-2fca97ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ