よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

C55流線形(その7)

テンダーを適当に終わらせたく妻面にパーツを付けます。
孔の位置が合いませんので適当に長孔に仕立てます。
ロストパーツは素敵ですが鋳縮みがあったのでしょう。
DSCN3969.jpg
内枠後ろにはパーツ孔が開いているので後ろ妻面を合わせると、前妻はご覧の通りだいぶ前に出て隙間があきます。
点付けで確認しながら外面を組みます。
DSCN3971.jpg
屋根は取り外しできるのですが、前後の梁だけつけて隙間の確認です。
こうしないと側板の上下位置が決まりません。
DSCN3974.jpg
上部にある石炭の取り入れ扉は開閉にできるようですが、当面閉めたままになるでしょう。
DSCN3975.jpg
キットを持っていない人にはわかりづらいでしょうが、ボイラーにボイラーカバーの中梁を差し込んで先にランボードをハンダ付けする仕様です。
しかし曲面だらけで難儀します。
よくこんなものを設計したもんだと思います。
DSCN3972.jpg
ボイラーカバーとランボードはなんとか付きました。
キャブ妻窓の枠は外付けのようです。
これはボイラーカバーに干渉します。
隙間との戦いはまだまだ続きます。
DSCN3973.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/940-fa4cfdf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ