よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

C55流線形(その9)

重要なところを書き忘れました。
台枠後ろ端梁に厚みを足しましたがこれは余計でした。
キャブを組むと引っかかるので足した板は取り去りました。
つまりアルミのジグが長かったのです。
デッキカバー留めネジとボイラー留めネジは動かせませんから、これは確かです。
DSCN3985.jpg
珊瑚模型店に行って組みサンプルを見てきました。
これは結構綺麗に組まれています。
キャブ屋根の角度が違いますね。
これは修正したのか、プレスのばらつきなのか、私のと違います。
IMG_0165-2.jpg
煙室カバーの角度も実物に近いですね。
これも前部を立てればパーツの長さが短くなってランボード前部の隙間は減ります。
やり直す価値はあるかもしれません。
IMG_0168-2.jpg
スポンサーサイト

コメント

早いですね

おっ、エンジン部に突入ですね。
後ろ端梁の厚み足しはNGでしたか。私のは修正するのは大変そうです。ちょっとショックです。
ところで、井門さんのブログにもありますが、煙室カバーのカーブが実物(写真・図面)と違っています。この珊瑚の見本を作られた方から、カーブが違うことを教えていただきました。このロストを曲げなおせばよいと言われたのですが...
私は、まだテンダーで四苦八苦です。

  • 2013/08/19(月) 23:40:47 |
  • URL |
  • まるいち式 #-
  • [ 編集]

まるいちさん、
端梁は大きめのコテでボトリです。
煙室カバーはやはりそうですか。
左右の隙間もどうしたものか。
仮組みしただけで連休が終わったのでまいりました。
もう一回バラします。

  • 2013/08/20(火) 21:33:24 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrstuff.blog65.fc2.com/tb.php/943-2dcf678d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ