FC2ブログ

よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

ブラグドンの粉(ウェザーキット)

ブラグドンの粉をちょっとだけ使ってみました。
屋根に錆び色をこすっただけです。
粒子が細かくてそこらに落とすとこびりついて取れません。
ミニステージができあがったのですが、思うところあって写真なしです。
IMG_1601.jpg

石粉粘土

最近の紙粘土は、大理石など石粉の入った軽量タイプが、よく手に入ります。
今まで何回か手にしたのですが、私には扱いづらくて、あきらめていました。
どうも、買ってすぐの状態でも硬すぎます。
練り直せばよいかと思い立って、袋の裏を見ると、練り棒と水で練り直せと書いてあります。
IMG_1576.jpg
練り棒など大そうなものはありませんが、余裕のある日曜日にやってみました。
ジップロックに入れておいても、なお硬くなってしまった粘土を、細かくちぎり、手でもみます。
指の間からねちゃねちゃはみ出して、気持ち悪いこと、さらに、細かい粒を指でつぶしていって、なんとか使えそうな柔らかさになりました。
代償は指と腕橈骨筋 の筋肉痛です。
IMG_1572.jpg

トビカ・トップガード

東美化学株式会社のトビカ黒染めスプレーです。
IMG_1478.jpg
特長には強力密着、極薄皮膜層とあり、溶剤成分はトルエン、キシレンです。
今まで8620の塗装と、いくつかの下回りにしか使っていません。
が、改めて効能を読むと、これはプライマー無しの塗装ができるのではないでしょうか。
そう思って、適当な使いかけの真鍮板を取り出し、溶剤で表面を拭きました。
長く放ってありますから、地肌は多少荒れています。
これにスプレーを吹いて一晩放置しました。
結果はガムテープを貼って剥がしても、特に問題なしです。
IMG_1470.jpg
IMG_1472.jpg
さらに、日光の白とマッハのオレンジを重ねて吹いて一晩置きました。
これもガムテープテストはパスしました。
IMG_1473.jpg
IMG_1474.jpg
ケガキ針で削って引っ掻くと、上の塗料ごと剥げてしまいました。
きっちり洗浄して塗装後の時間をおけば、これもましになると思います。
IMG_1475.jpg
ハンドプレスの屋根に吹いたものは一ヶ月以上経っています。
この表面はつるつるだったので、塗装も艶が出ています。
地肌が荒れていなくても、食いつきはかなりのものです。
なにより塗膜の薄いのがよいですね。
これからの下塗りは、これでいこうかと思っています。
IMG_1476.jpg
IMG_1477.jpg

管支え材(ふにゃら線)

いさみやの管支え材が製品名です。
開発された当初は、冗談半分に変な名前で呼ばれていました。
これは、エアタンク上のくねった配管を支えるのが、主な目的で作られましたが、管の間隔が1.5mm程度になって、やや広いのです。
IMG_1345.jpg
月曜日は珊瑚の日、ということで分配弁を買いに行ったのですが、予想通り予算オーバーで、テンダーライトやらデフ支えやら、いろいろと購入してしまいました。
帰り際に目に入ってしまったのが、管受の2段と3段。
高い、と思いつつも負けて購入。
こちらのほうが、やはり見た目にはなじむパーツです。
IMG_1344.jpg
客が少なくて、転車台運転装置の操作説明を丁寧にしてもらえました。
また写真を撮ってくるのを忘れましたが。

ブラグドン

今日、初めてIMON池袋店に寄りました。
Bragdonの粉を売っていたので驚きました。
購入はしませんでした。
D1000061-2.jpg
前のページ 次のページ