よろづ模型鉄道

Model Railroading Stuff

紙製キハ42000(その13)

屋根はスェード調のスプレーを皿に採って、エアブラシで吹いたのですが、0.3mmのノズルは小さすぎたようです。
ほとんど出てこなくて全体を塗るのに難儀しました。
大きめのノズルが必要です、と、書いておこう。

このくらい暗いJAMの会場だと、赤い色はあまり気にならないようです。
とは言え、この塗色の国鉄は期間が短く、すぐに私鉄にうっぱらったとのこと。
ヘッドライト形状とデカールの注文に悩むことになってしまいました。

WiFi制御に関しては、展示と走行もしましたが、一般の入場客はまったく気づかず、まあ当然ですね。
IMG_3806-2.jpg

紙製キハ42000(その12)

プラ製ベンチレーターを買ってきて組み立てと塗装です。
16個必要なのでけっこうな手間です。
いつものように竹串に両面テープで固定。
IMG_3805-2.jpg
その他、クラブがJAMに出展するので展示台を準備しました。

紙製キハ42000(その12)

雨模様ですが、しばらく天候は期待できないので強行塗装しました。
マッハの塗料はすぐ乾くので半日仕事です。
赤色が強すぎました。
塗装だけ新型急行になってしまいました。
IMG_3803-2.jpg

紙製キハ42000(その11)

世間並みにお盆休みが取れて、腰を痛めていて(軽症)思うにまかせずですが工作しました。

車両の内側を塗る工夫です。
以前にも作ったと思いますが、ブログに載せたかわからない。
IMG_3797-2.jpg
運転台の前あたりを筆塗りしておくようにします。
ブラシの霧が届かないので。
IMG_3800-2.jpg
マッハの塗料4色を確認しました。
ずいぶん使っていなかった古いものでしたが、生きているようです。
室内を鉛丹色で吹きました。
IMG_3801-2.jpg
表は2色塗りわけなので、ちまちまとマスキングを始めます。
IMG_3802-2.jpg

紙製キハ42000(その10)

手すりが進捗しています。
一応、作業はしているので、記事にはしますが、画像は変わり映えしないので撮りませんでした。

ウィークディはお仕事です。
仕事場の目の前の机は結構広く、これが工作台であるべきだと思いながら仕事しています。
平日の夜はお酒優先ですので、まあ作業はしません。

最近、土日も、とある時間を取られて工作してません。
更にスポーツジムとお酒を優先してますので。

今更、新しいプログラミングの練習をしています。
昨年xcode8+swift3を導入しましたが、Bluetoothのソースコードはxcode7+swift2なのですね。
今のAndroid開発環境はAndroid Studioで、昔のAndroid SDKとはまたちょっと違いますね。
html5とJavaScriptも、まだ頭の片隅にあります。

工作なのか?というジレンマですね。
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ